糖化対策化粧品をチェック

糖化を化粧品でどのようにケアするのか

糖化を化粧品でどのようにケアできるのでしょうか。

そもそも糖化とは、糖(のアルデヒド基)とタンパク質(のアミノ基)が結合して、
糖化最終産物「AGEs」を生成する現象のことです。
これが皮膚の老化に関与していることが明らかになっています。

この糖化が起きると、食パンを焼くと茶色く焦げ固くなるのと同じように、
小じわやハリが失われて、ゴワゴワとくすんだ肌の原因になります。

そして、AGESが沈着し透明度が低下し、真皮に生成され黄くすみの原因になり、
コラーゲンが固くなりハリが失われ、たるみの原因にもなります。
糖化反応は、年齢肌の大きな原因になるのです。
そこで糖化を化粧品でケアするには、
年齢肌の原因に働く、「糖化」と「炎症」に大きくフォーカスした、
機能性ペプチドを配合した化粧品を選ぶことが大切になります。

たとえば、オリゴペプチド34、アセチルデカペプチド3、ノナペプチド1、
デカルボキシカルシノンHGJなどを配合した、グラングレースローションなどがおすすめですね。

糖化を化粧品でケアしたい場合は、
まずしっかりと成分や使い心地などをインターネットで調べるなど、
簡単な調査はした方がよいと思います。
自分の知らない商品・使ったことがないものを肌につけるのですから、自分に合わない商品を買わされたりしないための対策が必須になりますから。
安易な口コミ、売り込み感を前面に押し出しているような化粧品は避けた方が無難でしょう。

化粧品原料として世界的トレンドになっているペプチドは、
近年研究が盛んに行われ、現在約100種類ほどあるといわれています。

その中で、グラングレースのローションは、最新の老化研究から、糖化を化粧品でケアできるように、
シミ・シワ・乾燥などの老化に深く関わっているとされるAGESの産生をブロックします。

AGESは、糖分とタンパク質がくっついてしまってできてしまう物質。
これが皮膚を劣化させて、年齢以上に老けてみえる原因になると、最新の研究で証明されるようになりました。

最新の研究結果で、肌を綺麗に、内側から美しくするメカニズムがわかり、新しい糖化を化粧品でケアできるようになることはとてもうれしいことですね。
糖化を化粧品でケアしたいときは、現在約100種類以上はあるとされるペプチドの中でも、糖化をきちんとケアすると明記されている化粧品を選ぶべきです。
それ以外のものは選択肢から外しましょう。